ホーム > 選挙・議会 > 特例郵便等投票制度とは

特例郵便等投票制度とは

 新型コロナウイルス感染症で「自宅療養」または「宿泊療法」している人で、一定の要件に該当する人が郵便等による不在者投票をすることができる制度です。

 

対象者

 以下に該当する人が利用できます。

  1. 鞍手町で選挙に投票できる人
  2. 感染症法・検疫法の規定により外出自粛要請を受けた人(自宅・宿泊施設で療養している人・不在者投票ができる指定施設以外に入院している人)、または検疫法の規定により隔離または停留の措置を受けて宿泊施設内に滞在している人
  3. 投票用紙の請求時点で外出自粛要請等の期間が選挙期間(投票をしようとする選挙の期日の公示または告示の日の翌日から当該選挙の当日までの期間)に重なると見込まれる人 

注意:濃厚接触者はこの制度の対象ではなく、投票所等で投票することができます。この場合、手指の消毒やマスク着用などの感染防止対策にご協力をお願いいたします。

 

手続き方法

投票用紙等の請求 選挙期日4日前までに必着

 特例郵便等投票を希望する場合は、投票日当日の4日前まで(必着)に、選挙人名簿登録地の選挙管理委員会に投票用紙等を請求する必要があります。

 手続きに関しては、まず鞍手町選挙管理員会までお問い合わせください。

 また、特例郵便等投票では郵便を利用することや、対象者の確認のために選挙管理委員会から保健所、検疫所に連絡する場合があることから、手続きに日数を要します。本制度による投票を希望する場合はお早めにご連絡ください。

※投票用紙等を請求した後に、宿泊・自宅療養期間が経過し、特例郵便等投票ではなく、投票所での投票を希望する場合は、鞍手町選挙管理委員会から交付した投票用紙等一式を投票所に持参し返却していただく必要があります。

※電子メールやFAXでの請求はできません。

 

投票手続きについて

鞍手町選挙管理委員会から特例郵便等投票をするために必要な投票用紙及び投票用封筒の交付を受けた場合は、次の方法により投票用紙等を返送してください。 

「投票用紙」、「郵便等による不在者投票(外封筒)」、「内封筒」、「返信用封筒」、「ファスナー付きの透明ケース」があるか確認をしてください。
投票用紙に記載する前に手洗いやアルコール消毒をしてください。(可能な限りマスク及び清潔なビニール手袋等の着用をお願いします)
自ら「投票用紙」に候補者指名を記載してください。
記載済みの投票用紙を「内封筒」に入れて封をし、次に「内封筒」を「郵便等による不在者投票(外封筒)」に入れて封をしてください。 
「郵便等による不在者投票(外封筒)」の表面に投票記載年月日、投票記載場所、投票者氏名を必ず記載してください。
「投票用紙」が入っている「郵便等による不在者投票(外封筒)」を鞍手町選挙管理委員会が交付する返信用封筒に入れてください。
⑥の返信用封筒をファスナー付きの透明なケースに入れ、アルコール消毒液を吹きかけて拭き取る等の方法により消毒したうえで同居人、知人等(患者ではない人)に依頼してポストへ投かんしてください。

手続きのイメージ

イメージ

 

罰則

 特例郵便等投票の手続きにおいては、公正確保のため、他人の投票に対する干渉や、なりすまし等詐偽の方法による投票について、公職選挙法上の罰則(投票干渉罪(1年以下の禁固又は30万円以下の罰金)、詐偽投票罪(2年以下の禁固又は30万円以下の罰金))が設けられています。 

  

関連リンク

総務省ホームページ「新型コロナウイルス感染症で自宅・宿泊療養等されている方へ」

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課局:選挙管理委員会

電話番号:0949-42-2111

内線:238