ホーム > 妊娠・子育て > 母子・父子寡婦福祉資金貸付のご案内

母子・父子寡婦福祉資金貸付のご案内

福岡県では、ひとり親家庭や寡婦の経済的自立や生活意欲の助長、その子どもの福祉の増進をはかるため、各種賃金の貸付を行っています。

 

貸付を受けられる人

貸付を受けることができる人は、次のいずれかを満たす人が対象です。

  1. ひとり親家庭の母又は父で児童(20歳未満)を扶養している人
  2. ひとり親家庭の母又は父に扶養されている児童(20歳未満)
  3. かつて母子家庭の母であった人(寡婦)
  4. 寡婦に扶養されている子(20歳以上)
  5. 配偶者と死別または離別した40歳以上の配偶者のない女性で、母子家庭の母及び寡婦以外の人

(注1)母子家庭の母、父子家庭の父が子ども(上記の児童及び子)のための資金(修学資金、就学支度資金など)を借りる場合、その子どもが「連帯借受人」となり、借受人と連帯して債務を負うことになります
(注2)子ども(上記の児童及び子)が借受人となる場合は、親が連帯保証人となる必要があります。貸付の種類によっては、その他にも連帯保証人が必要な場合があります

     

貸付の種類と限度額等について

※貸付金の種類や限度額等m詳しくは福岡県ホームページ(母子家庭、父子家庭、寡婦の方が貸付金を借りるには)(外部サイトへリンク)をご確認ください。

 

お問い合わせ

福岡県嘉穂・鞍手保健福祉環境事務所直方分庁舎社会福祉課
0949-22-5692