ホーム > 消費生活

消費生活

近年、高度情報化や規制緩和により、消費者にとってはサービスの多様化・情報化などの進展によって商品や選択の幅が広がり便利になっている反面、消費者問題もインターネットを通じたトラブルや特殊詐欺など、その手口も複雑かつ巧妙化しています。特にスマートフォンなどの普及により誰もがインターネットを利用できるようになったことで子どもが契約のトラブルに巻き込まれるなど、年齢を問わず被害は増加しています。

このため町では、消費生活相談窓口の設置、出前講座の開催、中学校への啓発活動、役場庁舎内設置のデジタルサイネージによる啓発ポスターの掲示、啓発資料配布などを行い、消費者行政の推進に積極的に取り組んでいるところです。

町と致しましては、今後も引き続き、町民の皆様が安全・安心して暮らせるまちづくりを目指し、直鞍広域消費生活センターや消費生活サポーターなどと連携を取りながら相談体制の充実を図るなど、消費者行政の維持、充実に取り組んでいきます。

平成30年1月16日
鞍手町長 德島 眞次

食の安全・安心

製品の安全・安心

トラブル事例

支援・制度

事業

相談

施設

リンク