ホーム > 環境 > 特定外来生物にご注意を

特定外来生物にご注意を

セアカゴケグモ

平成20年9月10日、福岡市東区香椎パークポートの「みなと100年公園」において、特定外来生物に指定されている「セアカゴケグモ」が2匹発見され、その後、福岡市の周辺調査及び駆除によって、9月16日までに周辺7箇所で700匹が発見されました。また、9月13日には、久留米市国分町の民家で1匹発見され、9月16日から久留米市で周辺調査及び駆除を開始し、近隣の公園で新たに数匹を確認しました。

特徴

  • 体調は、雌約7mm~1cm、雄4~5mm
  • 雌は全体が黒色で腹部の背面に赤色の縦斑紋がある。雄の腹部の背面は灰白色

主な生息場所

  • 穴や隙間に強い糸で不規則な網を張るため、排水溝の蓋や格子部分、側溝やマンホールの中や裏側に生息

発見した場合の対処

  • 絶対に素手で触れないこと
  • 衣服の上から咬まれる可能性は低いので、野外で作業する場合は、長袖、長ズボン、手袋などを着用

セアカゴケグモの詳しい情報は、福岡県庁ホームページ(http://www.pref.fukuoka.lg.jp/c02/gokegumo.html)をご覧ください。

ハイイロゴケグモ

平成20年9月19日午後2時30分頃、大牟田市三池港6番ふ頭において、特定外来生物に指定されている「ハイイロゴケグモ」らしきクモ10匹発見され、直ちに周辺を消毒、駆除を行った。このクモは、9月22日、ハイイロゴケグモと確認されました。

特徴

  • 体調は、雌約10mm、雄4~5mm
  • 背面は灰色から黒色で、斑紋を持つが、模様はさまざま
  • 腹部腹面に砂時計型の赤色斑紋を持つ

主な生息場所

  • 日当たりがよいところ
  • 排水溝の側面やふた裏、フェンスの基部やベンチの隙間、庭石や墓石の間や窪みの隙間などに営巣する

毒性・習性

  • 神経毒をもつが、セアカゴケグモに比べ、毒性及び攻撃性は弱い

発見した場合の対処

  • 発見した場合は、決して素手で触れず、駆除は市販の殺虫剤を噴霧する。
  • セアカゴケグモと同様、発汗、発熱、発疹の症状が表れるが、セアカゴケグモに咬まれた場合の症状より、一般に軽いといわれている。(国内では咬まれた事例はない)
  • 咬まれた箇所を水で洗い流し、できるだけ早く病院へ行く

 

お問い合わせ

所属課局:農政環境課生活環境係

電話番号:0949-42-2111

内線:351・354