ホーム > 保険・年金・医療 > 特定健診について

特定健診について

多くの生活習慣病はいきなり発症しません。必ず、その前に予兆が現れています。それを調べるのが健診です。必ず毎年健診を受けるようにしましょう。

特定健診(特定健康診査)

特定健診とは、平成20年4月から加入する保険者に実施が義務づけられた、内臓脂肪型肥満に着目した健康診査です。メタボリックシンドローム(内蔵脂肪症候群)に着目した検診項目で、生活習慣病を予防することが目的です。下記に該当する人は必ず受けましょう。

対象:40歳~74歳(年度末時点)の人で国民健康保険に加入している人

健診の内容

問診、診察、身長、体重、腹囲、血圧、尿検査、血液検査(脂質・貧血・血糖・肝機能)、心電図検査、眼底検査

※の検査は医師が必要と認めた人のみ

お問い合わせ

所属課局:保険健康課健康増進係

電話番号:0949-42-2111

内線:206