ホーム > 保険・年金・医療 > 後期高齢者医療制度(給付・資格)

後期高齢者医療制度(給付・資格)

病気やけがで診療を受けたとき

病気やけがで医療機関にかかるときの医療費の自己負担割合は1割または3割です。残りの額が給付されます。

自己負担割合(8月~翌年7月)毎年判定を行います。

負担区分

負担割合

要件

一般

1割

下記以外の場合

現役並み所得者

3割

同じ世帯の被保険者のいずれかの方が、市町村民税課税所得145万円以上の場合

ただし、以下に該当する場合には、「申請により1割負担」となります。

基準収入額適用申請

  • 同一世帯の被保険者が2名以上の場合

被保険者全員の収入の合計額が520万円未満であること。

  • 同一世帯の被保険者が本人のみの場合(次の1または2に該当)
  1. 本人の収入が383万円未満であること。
  2. 本人の収入が383万円以上で、同一世帯の70歳~74歳の方との収入の合計額が520万円未満であること。
  • 世帯構成に変更が生じたり、新たに75歳の誕生日を迎えた方がいる場合などには、年度の途中でも自己負担割合が変更となる場合があります。
  • 「収入」とは、年金、給与、事業収入などをいい、「課税所得」とは、「収入」から地方税法に基づく必要経費(公的年金等控除、給与所得控除など)、基礎控除、扶養控除、社会保険控除などの諸控除を差し引いた残りの金額です。なお、市町村民税の課税所得は、所得税の課税所得とは異なります。
  • 住民税課税所得が145万円以上でも、昭和20年1月2日以降生まれの被保険者と、同じ世帯の被保険者の「総所得金額等から33万円を差し引いた金額」の合計額が210万円以下の場合は自己負担割合が1割になります。

入院したとき

入院時生活・食事療養費の支給

一般病棟の場合は食事代の標準負担額を除いた額が支給されます。

療養病床の場合は、食費及び居住費の標準負担額を除いた額が支給されます。

標準負担額【食事代・食費(1食当たり)、居住費(1日当たり)】

負担区分

一般病床

療養病床

食事代

食費

居住費

現役並み所得者、一般

460円

460円※

370円

区分Ⅱ

90日までの入院

210円

210円

370円

90日を越える入院

160円

区分Ⅰ

 

100円

130円

370円

老齢福祉年金

100円

0円

※一部医療機関では420円の場合があります。

区分Ⅱ・区分Ⅰとは

  • 区分Ⅱ 世帯全員が市町村民税非課税の方(区分Ⅰ以外の方)
  • 区分Ⅰ 次の1、2のいずれかに該当する方
  1. 世帯全員の所得が0円である世帯に属する方(公的年金等控除額は80万円として計算します。)
  2. 世帯全員が市町村民税非課税である世帯に属し、老齢福祉年金受給者である方
  • 区部Ⅱ・Ⅰに該当する方は、入院の際「限度額適用・標準負担額減額認定証」が必要となりますので、あらかじめ鞍手町役場保険健康課へ申請してください。(申請月の初日から適用になります。)

【申請に必要なもの】印鑑・保険証・(収入額等を証明するものが必要となる場合があります。)

  • 区分Ⅱに該当し、「限度額適用・標準負担額減額認定証」をお持ちの方で、一般病床において認定期間中に、入院期間が90日を超えた場合(療養病床で入院医療の必要性の高い場合を含む。)は申請月の翌月から食事代の標準負担額が変わりますので、改めて鞍手町役場保険健康課へ申請してください。

【申請に必要なもの】印鑑・保険証・入院期間が確認できるもの。

同じ月内に支払った自己負担額が高額になったとき

高額療養費の支給

同じ月内に支払った医療費の自己負担額が高額になった場合は、限度額を超えた額が払い戻しされます。

自己負担限度額(月額)

負担区分

 

外来+入院(世帯単位)

外来(個人単位)

現役並み所得者

57,600円

 

80,100円+(総医療費-267,000円)×1%

 

<多数回44,400円(※2)>

一般

14,000円
(年間上限144,000円)

57,600円
<多数回44,400円(※2)>

区分Ⅱ

8000円

24,600円

区分Ⅰ

15,000円

  • ※2は、過去12か月以内に4回以上の高額療養費の支給を受けた場合の4回目以降の限度額
  • 75歳到達月は、誕生日前の医療保険と後期高齢者医療の2つの制度にまたがるため、個人単位の自己負担限度額が上記の額の2分の1になります。(誕生日が月の初日である場合を除く。)

高額療養費の計算にあたっての注意点

  • 月の1日から末日まで、ひと月ごとの受診について計算します。
  • 外来の自己負担限度額は、原則個人ごとに計算します。
  • 世帯内の被保険者の外来及び入院の自己負担額は、これらを合計して世帯ごとの自己負担限度額を適用することができます。
  • 病院・診療所・歯科の区分なく合計して計算します。
  • 入院時の食事代や保険がきかない差額ベット料などは支給の対象外です。

申請が必要な方には、福岡県後期高齢者医療広域連合より案内の通知をお送りしますので、鞍手町役場保険健康課まで申請してください。一度申請された方は、次回からは申請の必要はありません。

【申請に必要なもの】印鑑・保険証・預金通帳

お問い合わせ

所属課局:保険健康課公費医療係

電話番号:0949-42-2111

内線:202・205