ホーム > 福祉・介護 > 高齢者福祉サービス

高齢者福祉サービス

在宅介護支援センター

在宅介護に関する総合的な相談に応じ、各種の保健福祉サービスが総合的に受けられるよう、関係機関との連絡調整を行います。

現在は、やすらぎ園在宅介護支援センターに委託して実施しています。

在宅高齢者短期宿泊事業

社会的適応が困難、または在宅生活が困難な高齢者に対して、介護福祉施設等で短期間宿泊により日常生活の支援指導を行います。

在宅高齢者短期宿泊事業

利用対象者

介護保険の要介護認定を受けていない、おおむね65歳以上の高齢者

本人負担額

対象者の世帯、収入状況により負担額が変わりますのでご相談ください

緊急通報システム貸与サービス

在宅のひとり暮しの高齢者等に対して、緊急通報装置を貸与し病気やけが等の緊急時に迅速な対応が行われるようにします。

緊急通報システム貸与サービス

対象者

特に貸与が必要と認められる65歳以上のひとり暮しの高齢者等

本人負担額

生活保護受給世帯及び住民税非課税世帯に属する者 月額0円
住民税均等割のみ課税世帯に属する者 月額500円
住民税所得割課税世帯に属する者 月額1,000円

介護用品等の支給事業

ねたきりや、認知症の高齢者を在宅で介護する家族に介護用品等を支給します。

家族介護用品等支給事業

支給対象者

介護保険要介護認定が4または5の高齢者を在宅で介護している町民税非課税世帯の家族

支給

月6,000円分まで

介護用品給付サービス事業

利用者宅へ介護用品(おむつ・尿取りパッド)を配達することにより、利用者の経済的負担の軽減と精神的な援助を目的とした事業です。

給付対象者

町内に住んでいる65歳以上の方、または65歳未満の初老期認知症と認められた方で下記のすべてに該当する方
①介護保険の要支援または要介護の認定をお持ちの方
②介護保険要介護認定主治医意見書で、失禁有りの方
③鞍手町家族介護用品等支給を受けていない方
④本人が住民税非課税の方
⑤生活保護法に基づく同種の給付を受けていない世帯
⑥介護保険料の滞納がない方

給付(介護用品(おむつ・尿取りパッドの現物支給))

住民税非課税世帯の方‥‥月6,000円分まで
住民税課税世帯の方‥‥‥月3,000円分まで

食の自立支援事業

週2回(火・木)の配食サービス(夕食の弁当配達)を行うことで、栄養バランスのとれた食事を提供するとともに、利用者の安否確認を行っています。

利用対象者

町内に住んでおり、老衰、身体上の障がい及び疾病等の理由により調理が困難な方で下記のいずれかに該当する方
①おおむね65歳以上のひとり暮らしの高齢者
②高齢者のみの世帯に属する方
③身体障がい者

本人負担額

1食あたり300円

家族介護者交流事業

高齢者を在宅で介護している家族介護者に対して介護から一時的に開放し、介護者相互の交流や心身の元気回復を図ります。

介護保険要介護認定が3以上の高齢者を在宅で介護している家族を対象としています。

家族介護教室

高齢者を介護している家族等に対して介護の方法や介護者の健康づくり等について研修会等を開催します。

開催日等は広報紙等でお知らせいたします。

高齢者住みよか事業

在宅の高齢者または高齢者と同居する世帯に対し、高齢者に配慮した住宅に改造するために必要な費用を助成します。

介護保険の対象とならない障がい者(身体障害者手帳1・2級に該当等)については、障害者住みよか事業が実施されます。(相談窓口:役場福祉人権課福祉係)

高齢者住みよか事業

対象者

介護保険で要介護(要支援)の認定を受けている在宅の高齢者

要件

  1. 世帯全員が町民税・所得税が非課税
  2. 介護保険の住宅改修対象工事で介護保険限度額(20万円)に達していること。

対象工事

玄関・廊下・居室・浴室・便所等在宅の高齢者が日常利用する部分で高齢者の自立を促し、介護者の負担が軽減される改造

助成金額

30万円まで

養護老人ホーム

65歳以上で、経済的理由や家庭の事情、身体的・精神的理由により自宅で生活できない方を対象とした施設です。収入の多い方や介護の必要な方は入所できません。

町内にこの施設はありませんが、町を通じ近隣市・町の施設に入所できます。

 

お問い合わせ

所属課局:福祉人権課高齢者支援係

電話番号:0949-42-2111

内線:243・246