ホーム > 福祉・介護 > 介護保険制度について

介護保険制度について

介護保険制度は、介護の必要な高齢者を社会全体で支える制度として平成12年4月1日より始まりました。鞍手町は福岡県内33の市町村で組織している福岡県介護保険広域連合に加入しています。

加入する人(被保険者)

介護保険の被保険者となる人は、次のとおりです。

  第1号被保険者 第2号被保険者
対象者 65歳以上の人 40歳~64歳までの医療保険に加入している人
給付の対象
(サービスを利用できる人)
日常生活において、介護が必要、もしくは支援が必要な人 老化に伴う病気( 特定疾病 )によって介護や支援が必要になった人

特定疾病の種類

  1. 筋萎縮性側索硬化症
  2. 後縦靭帯骨化症
  3. 骨折を伴う骨粗しょう症
  4. 多系統萎縮症
  5. 初老期における認知症
  6. 脊髄小脳変性症
  7. 脊柱管狭窄症
  8. 早老症
  9. 糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症
  10. 脳血管疾患
  11. 進行性核上性麻痺、大脳皮質基底変閉性症及びパーキンソン病
  12. 閉塞性動脈硬化症
  13. 関節リュウマチ
  14. 慢性閉塞性肺疾患
  15. 両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う変形性関節症
  16. がん(がん末期)

介護保険サービスの利用方法

介護保険のサービスを利用するには、 申請をして認定を受ける ことが必要です。

65歳以上(第1号被保険者)の保険料

          広域連合の介護サービス総費用のうち第1号被保険者負担分
基準額=              広域連合の第1号被保険者数

保険料基準額(年間) 74,361円(平成33年3月まで)

 

保険料の決まり方

介護保険料の額は、所得に応じて以下の25の段階に分かれています。

所得段階 対象者 基準額に乗じる割合 年額保険料(円)
1 非課税世帯 生活保護の受給者及び老齢福祉年金受給者の人または公的年金等収入額と合計所得金額等(※1)の合計額が80万円以下の人 0.45 33,463
2 公的年金等収入額と合計所得金額等(※1)の合計額が 80万円を超え120万円以下の人 0.75 55,771
3 120万円を超える人 0.75 55,771
4 課税世帯(本人非課税) 80万円以下の人 0.90 66,925
5 80万円を超える人

1.00
(基準額)

74,361
6 本人課税 合計所得金額から特別控除額(※2)を引いた額が 120万円未満の人 1.20 89,233
7 120万円以上200万円未満の人 1.35 100,387
8 200万円以上300万円未満の人 1.60 118,978
9 300万円以上320万円未満の人 1.65 122,696
10 320万円以上340万円未満の人 1.70 126,414
11 340万円以上360万円未満の人 1.75 130,132
12 360万円以上380万円未満の人 1.80 133,850
13 380万円以上400万円未満の人 1.85 137,568
14 400万円以上420万円未満の人 1.90 141,286
15 420万円以上440万円未満の人 1.95 145,004
16 440万円以上460万円未満の人 2.00 148,722
17 460万円以上480万円未満の人 2.05 152,440
18 480万円以上500万円未満の人 2.10 156,158
19 500万円以上520万円未満の人 2.15 159,876
20 520万円以上540万円未満の人 2.20 163,594
21 540万円以上560万円未満の人 2.25 167,312
22 560万円以上580万円未満の人 2.30 171,030
23 580万円以上600万円未満の人 2.35 174,748
24 600万円以上800万円未満の人 2.40 178,466
25 800万円以上の人 2.50 185,903

※1 合計所得金額等とは、「合計所得金額-特別控除額(※2)-年金所得額」です。この金額が0円以下の場合は0円とみなします。
※2 特別控除額とは、長期譲渡所得及び短期譲渡所得にかかる特別控除額のことです。詳しくは
お問い合わせください。

介護保険料は、年額で決定します。

保険料の納め方

特別徴収

月額15,000円以上(年間18万円)以上の老齢(又は退職)年金を受給している方は年金から天引きされます。

遺族年金、障害年金が特別徴収の対象になります。

普通徴収

特別徴収以外の方が普通徴収の対象となり、納付書や口座振替による納付となります。

コンビニ収納開始について

◯介護保険料のコンビニ収納が始まります

  • 平成30年度の介護保険料普通徴収の決定通知は、例年通り7月末にお届けしますが、今年から下記のコンビニエンスストアでお支払いが出来ますのでご活用ください。
  • これまでは平日の日中に指定の金融機関・役場窓口等でしかお支払いができませんでしたが、これからは夜間・休日にもコンビニエンスストアでお支払いができますのでご活用ください。

◯納付書のとじ方が変わります

  • これまでは通知書と納付書はホッチキス止めされていましたが、コンビニで対応してもらうためにとじることができなくなります。バラバラになりますので紛失しないようにご注意ください。

◯注意!次のような場合、コンビニで使えません

  • 納付期限を過ぎたもの
  • コンビニ用のバーコードが消されているもの、
  • 金額を手書きで訂正したもの

◯取扱コンビニエンスストア

セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップなど

◯ご不明な点があればお問い合わせください

福岡県介護保険広域連合本部☎092-643-7055

 

年金を18万円以上受給していてもその年の4月1日時点で年金を受給していなかった方、年度の途中で転入された方、年度の途中で65歳になった方等については、しばらくの間普通徴収となります。

 

保険料の滞納について

災害などの特別の事情がないのに保険料の滞納が続いた場合は、滞納期間に応じて次の措置がとられます。

1年以上介護保険料を滞納した場合

介護サービスの費用が一旦全額自己負担となります。

被保険者証に「支払方法変更」の記載が行われます。

1年6月以上滞納した場合

一時的に保険給付が差止められます。

なお滞納が続く場合には、差止められた保険給付額から滞納分を控除することがあります。

2年以上滞納した場合

保険料滞納期間に応じて自己負担が3割に引き上げられたり、高額サービス費、特定施設入所者介護サービス費の支給が受けられなくなったりします。
※平成30年8月から、所得が一定基準より高い人が滞納した場合4割となります。

40歳以上65歳未満の人 (第2号被保険者)の保険料

40歳以上65歳未満の方は、加入している健康保険に介護保険料を上乗せして1つの保険料として収めます。

 

お問い合わせ

所属課局:福祉人権課高齢者支援係

電話番号:0949-42-2111

内線:243・246